練習・スキルアップ

親子で自主練サッカー!〜お父さんお母さん4つの心得〜

親子で自主練習
家族リフティング
家族リフティング
親子で自主練習を楽しむお父さんお母さん

こんにちはヽ(´▽`)/

 

今回は、親子で自主練習する時の心得を4つに分けてお話していこうと思います

 

親子の自主練習で大切にし根っこの部分のお話です。

あれもこれも1つの記事に詰め込むと大事な部分がぼやけてきますので、具体的な自主練メニューや親の視点などに関してはまた別記事でお伝えしていこうと思っています。

 

では、最後までゆっくり読んでみてくださいね\(^o^)/

 

親が自主練を楽しむ

お父さんお母さんにはまず、子供より自分が一番楽しむことを考えてください。

なぜなら、親が楽しんでる姿を子供が見る・感じることが親子自主練習の大きな目的だからです。

子供は親の背中を見て育ちます。なので背中を向けている時でもクスクス笑ってる背中を見せてあげてください(笑)

そうすることで子供はチーでム練習とは違うリラックス感をもち、主体的で柔軟な発想の中、楽しく上達することができます。

そんな子供の姿を見て親もまた、この親子自主練習の時間が愛おしく思えるようになります。

 

親子での自主練習の意味を考える

うえで述べた相乗効果は、こんな医学的根拠あるお話からも証明することができます。

・腎臓移植(生体間移植)した親子または夫婦

・ドナー(臓器をあげる人)→親または配偶者(夫)

・レシピエント(臓器をもらう人)→子供または配偶者(妻)

大前提:臓器移植はドナーあっての(ありきの)医療です

研究結果:①ドナーが笑顔で元気に過ごしている群とそうでない群では、前者のほうが有意にレシピエントの臓器生着率・生存率は高い

②レシピエントが笑顔で元気に過ごしている群とそうでない群では、前者のほうが有意にドナーの生活習慣や健康診断結果が良好である

こういった研究結果があります。

 

ここからわかることは、親が楽しい姿を見せることが子供の成長につながること、そんな子供の成長を感じとれることが親の喜びにつながるという相乗効果です。

 

ここではサッカー経験者とか未経験者とかはちっぽけな話にすぎません。

 

親子にしか成し遂げることが出来ないものが、自主練習にはたくさん詰まってるんです。

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

 

サッカー経験のある親に向けて、自主練に対する忠告です

では実際に親は自主練習でどういったことを意識しながら一緒に楽しめばいいんでしょうか。

 

わかりやすい例として、僕のコーチとしての経験則と親としての経験談を示しますね。

 

コーチとして

普段の練習を見に来られる親で、サッカー経験のあるお父さんお母さんは、自分のお子さんの”ミスを指摘する”ことがサッカー未経験者のお父さんお母さんに比べ圧倒的に多い印象があります。

家族リフティング
家族リフティング
その時の子供の心境はいかに・・・

 

 

親として

もうこれは最低で、コーチの多くが自分の後輩だったり僕の現役の頃を知っていたりしました。

なので練習の合間や終了後に、「センパーイ!今日の1対1の練習では子供たちに距離感を掴んでもらうために見本をみせたり声かけを意識してたんですけどどうでしたか?」とか聞いてくるコーチがいたりしました。

家族リフティング
家族リフティング
「オイオイ!みんなの前で聞いてきたらあかんやろ!」

ってあとで先輩風ふかして言うんですが、そういう空気感ってやっぱり僕の息子を筆頭に子供たちも親御さんも敏感に感じとりますよね。。。

こんな感じで、やってはいけない親の代表をやっていました(トホホのホ…)

 

 

サッカー経験のある親のみなさん!僕ほど最低ではないと思いますが、子供と自主練習する時は未経験者の親御さんのように純粋に子供との時間を楽しむよう自己コントロールしてくださいね(笑)

 

親子の自主練ではコーチにならない

先ほどのお話と重なるところもありますが、親子の自主練習ではコーチにならないようにしてください!

 

コーチの役目はチーム練習でコーチが行います。

 

親子の自主練習では、コーチには出来ない親子だからこその練習なんだと考えましょう。

 

子供だって、せっかくの親子の時間にまでコーチと同じようなことを言われながらやるのは楽しくないですもんね・・・

 

親子だからこそ、普段発揮できないお子さんの良さを引き出すことができます。

 

 

例えば、”自由さ・かけひき・だます“といったサッカーには欠かすことのできない技術の上達です。

 

“自由さ・かけひき・だます”などは、普段の練習ではチーム内で相当な自信があるか、コーチの指導力(コーチング力)が高くないと発揮できません。

 

 

これが親子の自主練習なら発揮できるんです!

これらが発揮できればお子さん自身のサッカーが好き度は、100倍増しになります。

 

サッカー好き度が上がれば、間違いなくあなたのお子さんはグングン成長します!

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

まとめ:親子の自主練で得られるものを大切に

親子の自主練習にしかできないことには、サッカースキルにおける大切な要素がビッシリ詰まっています。

 

そしてなによりも親子の絆やお子さんの成長・発達、お父さんお母さんのストレスからの解放など、お互いのおかげで得られるものはとても大きいですよね!

 

 

今回は、親子の自主練習における親御さんの心得について4つのお話をしました。

 

具体的な親子自主練の方法や親としての視点などは、また別記事でお伝えできればいいなと思っています

 

 

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

親子で楽しいサッカーライフを過ごしてくださいね!

 

子供の笑顔とやる気を引き出す力!“親の心得たったの2カ条” 通勤バスの暖房効きすぎ戦術にやられました。 こんにちは。家族リフティングですヽ(´▽`)/ バス待ちは寒く、...

 

【ブランクナースの復帰】看護師転職サイト使わない方がいいの?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です