雑記

あるガンバサポ夫婦のJリーグアウェイ観戦&旅行記〜磐田編〜

磐田ホテル
家族リフティング
家族リフティング
こんにちは、家族リフティングです!

夫婦で年1回のアウェイ観戦&旅行を楽しんでいます\(^o^)/

2人の子供たち(21才娘、18才息子)にも、「今年も2人で楽しんでこーい!」って送り出してもらえる(ようにうまくしつけた)、ほっこり家族ですヽ(´▽`)/

仕事環境や金銭面から年1回がマックスですが、だからこそ毎回ワクワクしまくりんぐなんです!

ちなみに僕たちは、知り合って20年以上のラブラブ40代夫婦です(ラブラブって言葉、知ってる?)

そんな僕は、元セミプロ(JSL)サッカー選手から水商売を経て、今は看護師17年目のおじさんです。

 

ではさっそく、今回のアウェイ旅行記いってみましょう!!

この記事は、サッカーのアウェイ観戦&旅行に興味がある人はもちろん、「旅行でのちょっとした楽しみ方を知りたいなぁ〜」って人にもオススメです。

なお試合に関しての記事はこちらの【J1リーグ第15節】ガンバ大阪vs磐田。宮本ガンバの内容と結果に書いています。本記事と合わせて読んでみてくださいね!

 

 

ガンバカラー【G-SHOCK】

G-SHOCK

ピンボケ・・・(涙)。

今回のアウェイ旅行を前に、嫁さんからサプライズでこの【ガンバカラーのG-SHOCK】をプレゼントしてもらいました!

僕からのサプライズは・・・・・です(誰が興味あんねん!byヤナギブソン)

 

てことで僕は、旅行の数日前から寝てる時も、もちろん【ガンバカラーG-SHOCK】をつけていました。

【公式】アマゾン G-SHOCK ジーショック 電波ソーラー GAW-100B-1A2JF メンズ

 

ヤマハスタジアム

ヤマハスタジアム ヤマハスタジアムと嫁さん

アウェイ旅行のメインはもちろん、ガンバ大阪の試合観戦です!

初のヤマハスタジアムでしたが、周辺の環境やコンパクトなスタジアムは僕たちのホーム「パナソニックスタジアム吹田」とはまた違って、とても良い雰囲気でした。

「スタグルのメロンジュースもめちゃくちゃ美味しかった!」って嫁さんが絶賛していました!(写真は撮り忘れました)

 

あとはガンバの勝ち点3さえ持ち帰れたら最高のスタジアム認定だったんですが・・・

ジュビロさんも簡単には持ち帰らせてくれませんでした。

試合のレビューは【J1リーグ第15節】ガンバ大阪vs磐田。宮本ガンバの内容と結果をご参照ください。

 

宿泊ホテル

家族リフティング
家族リフティング
1.マップ左下の写真をタップ

2.マップ右下の[ー]マークを2回タップ

これで「ホテル〜ヤマハスタジアム」までが一緒に見れます。

さらに、指2本でグイ〜ンとマップを広げると、スタジアムが綺麗に見れますよ。

 

それぞれの日本代表 ホテルエントランス

宿泊ホテルは【磐田グランドホテル】です。

このホテルを選んだ理由は

ヤマハスタジアムまで徒歩で行けること(ゆっくり歩いて15分くらいです)

今は亡き、天才【奥大介選手】に会えること

この2つが磐田グランドホテルを選んだ大きな理由です。

もちろん、日本代表やなでしこジャパン、フットサル日本代表ユニホーム、ホテルマンのサービスや温泉やお部屋も良かったです。

どこでもジュビロ磐田【自動販売機】

ジュビロ磐田自動販売機

ホテルの温泉出入り口前には、【ジュビロ磐田自動販売機】がありました。

ここは喉の渇きを部屋まで我慢して、自販機では購入しませんでした。

ガンバサポの微々たる反抗と思ってもらって大丈夫です(笑)

【公式】楽天トラベルで磐田グランドホテルを確認

天才!奥大介選手

奥大介

【奥大介選手】

奥大介選手と世代の近い僕は、彼が神戸広陵高校にいる時のプレーを観ました。

「あぁ、天才っておるんや〜」ってのが彼を観たときの感想です。

そこからの彼の活躍、引退後の人生は僕が語ることではないと思います。

少年サッカーで走り回っている子供たちには、ぜひ彼のプレーを動画などで一度見て、学んで、ぬすんでほしいなあって思います。

 

ジュビロ磐田はじめ、どれだけのスター選手たちが彼と彼のサッカーを愛していたか。

【公式】楽天トラベルで磐田グランドホテルを確認

名門!藤枝東高校

静岡県立藤枝東高等学校

少年サッカー選手たちの憧れ、【藤枝東高校】です。

試合開始(19:00)までの時間を使って車で向かいました。

 

藤枝東高校サッカー部のOB選手を数名ご紹介しますね

中山雅史 選手(1986年卒)

長谷部誠 選手(2002年卒)

成岡翔 選手(2003年卒)

大井健太郎 選手(2003年卒)

山田大記 選手(2007年卒)

ざっと紹介しただけでも凄い顔ぶれですよね。

人工芝グラウンド

人工芝グラウンド

グラウンドは綺麗な人工芝でした(ウラヤマシイ~)

試合前のアップを少し見学しました。ファーストタッチの質が高い選手が多く、さすがやなって印象でした。

「ファーストタッチの質」の意味と具体的練習法を徹底解説! ・・・・・・・ と言いたいところですが・・・! ロスタイムが5分あるようなので、このロスタイ...

サッカーの町【藤枝】

藤枝東高校校門

都会ではありませんが、高校前の商店街などは大阪にはない【サッカーの町】感が溢れてました。さすがサッカー王国名門の1校って印象でした。

校門前にいる彼は雨が土砂降りの中でも、応援に来られた親御さん1人ひとりにきちんと挨拶していました。

さらに彼は、誰もいない時には「スクワット」や「踵あげ」など、ほんの少しの時間も無駄にすることなく筋トレしていました。

当時の自分を振り返ると当たり前のことでしたが、親になり涙腺も弱くなったおじさんとしては、そんな彼を見てるだけで泣きそうになりました(応援してるよ!)

(写真の彼は「踵あげ」に取り組んでるところです)

【DAZN】1ヶ月無料トライアル

地元の習慣にふれる【朝ラー!】

「茶どころ」であり、新茶シーズンとなる4月からは、農家や問屋が日の出前や早朝から仕事をしている。こういった茶業者が早朝の仕事を終えてから朝食としてラーメンを食べていた

藤枝市の「マルナカ」(1919年創業)が、早朝営業と朝ラーメンの発祥と言われている

ウキペディアより

僕たちが訪れたのは、2019/6/14〜6/16でした。新緑色がとても綺麗な茶畑がたっくさんありましたヽ(´▽`)/

 

今回のアウェイ旅行は前日入りしてたので、試合日の朝には藤枝市にいました。

・・・ってことで、ウキペディア様の発祥話を信じて、名店で朝ラーメンしました!

朝ラーメン「マルナカそば店」

朝ラーメン

なんと、食べ方としては1人で「温ラーメン→冷ラーメン」の順で合計2杯食べるんだとか・・・。

「そんなことあるわけ・・・」と思って隣の一仕事終えたっぽいおじさんのテーブルを見ると、温ラーメン食べ終えるタイミングで冷ラーメンが運ばれてるじゃあ〜りませんか(ビックリ!)

お客さんみんながそうしてたわけではありませんが、「温ラーメン→冷ラーメン」を1人であっさり食べちゃうお客さんも数名いらっしゃいました。

『これぞ地元感あり〜!』でした。

 

僕たち夫婦はビビりなんで、2人で「温ラーメンと冷ラーメン」を1杯ずつ注文し、仲良く分け分けして食べました(笑)

店内もそば店っぽく畳の座敷があったり、なんといっても麺が”モッチモチ”で美味しすぎました!

次は各自で「温ラーメン→冷ラーメン」いってやろうと嫁さんと約束しました!!(笑)

 

石松餃子本店

試合の翌日、旅行も最終日となりました。

そんな最終日もやっぱり【地元ならではの美味しいもの】からスタートしました(笑)

浜松餃子といえば石松餃子!

浜松餃子

大阪の餃子に慣れてる僕たちには、はじめの1個は少しアッサリした味に感じましたが、2個3個と食べるうちに、「めっちゃ食べやすいし美味しいやん!」って言い合ってました。

さらにモヤシが水々しくてシャッキシャキで、これまた餃子との相性がバッチリでした。

(はじめは「餃子とモヤシなんて合うんかい?」って思ってました、ごめんね)

【DAZN】1ヶ月無料トライアル!

航空自衛隊(エアパーク)

航空自衛隊

なんとここ!無料なんですよ〜〜!!(タダには敏感な大阪人っす! 笑)

車じゃないと行けないようなところですが、超スーパーウルトラおすすめです!!

少々、お金払ってでも見る価値、学ぶ価値ありなスポットです!

滑走路 航空飛行機 軍服

「なんも言えね〜〜〜」


さわやかに〜〜

げんこつ

アウェイ旅行の締めは、初「さわやかハンバーーーグ!!」でした。

なんといっても、名物と言える「目の前で切ってくれるハンバーグ」は見た目にも楽しいですね!

 

静岡遠征といえば「さわやか」かな?ってくらい、ガンバサポには有名です。

というより「さわやか」は、アウェイ遠征で静岡訪れたサポさんの「ここ行っとこ!1位」なんじゃないでしょうか。

味はやや肉肉しいって感じるかもしれません。でも、鉄板でジュ〜ジュ〜すれば大丈夫ですよ!

 

まとめ:アウェイ観戦&旅行は最高!!

浜名湖

【浜名湖】浜名湖サービスエリア(上り)より

 

いかがだったでしょうか?

アウェイ旅行記という名なの「グルメツアー」でしたね(笑)

 

アウェイ旅行の目的は様々ですが、やっぱり”その土地ならでは”のものに出会えることを目的にしたら、サッカーの試合以外にもきっと楽しい旅ができますよ!

定番の観光地でも、ご当地グルメでも、地元スーパーの食材に触れるのも素敵なんじゃないかなぁって思います(マックスバリュはジュビロ磐田感満載でした!)。

スーパー

 

「サッカー+旅行」でも、「旅行+サッカー」でも、「旅行オンリー」でも、その土地の空気に触れることができる旅が一番楽しいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【DAZN】無料トライアルはこちらから

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です