看護・育成・発育

少年サッカーのルールから学ぶ育成年代でホントに大切なこと5つ!

作戦ボード
家族リフティング
家族リフティング
こんにちは!家族リフティングですヽ(´▽`)/

 

さっそくですが、こんなことで悩んでいませんか〜?

・「いまいち子供のサッカーのルールがわかってないんよね〜」

・「これから息子がサッカー始めるんで、子供も母親の私もざっくりでいいからルールを把握しておきたい」

・「孫、甥っ子、姪っ子のサッカー観に行ったんだけど、野球人のワシにはサッカーのルールがわからんわ〜」

本記事では、このような少年サッカーのルールについてお悩みのあなたに、細かいことは棚に上げて少年サッカーのルールをざっくり簡単にご説明いします。

 

この記事を最後まで読んでいただくと、あなたのお子さんにとって少年サッカーのルールから学べる「5つのホントに大切なこと」を知ることができます!

 

申し遅れました。サッカーに関する僕の経験をサクッとお伝えしますね。

僕は元JSLサッカー選手(一応サッカーでごはんを食べさせてもらってました)、少年サッカーコーチ、少年サッカーでボールを追いかけていた息子の親でもあります。

ただのサッカーばかですが(笑)、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

この記事は、あなたのお子さんやお孫さん、甥っ子姪っ子の試合を応援に行ったときに「あ!あの記事で読んだことだ!」って気づくことであなたも『楽しく』応援できることを願って書きました。

 

どうぞ最後までのんびりした気持ちで読んでみてくださいね。

 

 

サッカーは世界で最も愛されているスポーツ!

サッカーファミリーサッカー最高!

サッカーは世界で最も愛されているスポーツです!

サッカーはボール1個あれば、老若男女、いつでもどこでも、肌の色がちがっても、お金持ちも貧しい子も、のっぽでもチビ(僕)でも、だれでもできるシンプルなスポーツです。

オリンピックスポーツの中には、道具代などそのスポーツをはじめるにはある程度の出費が必要なものもあります。

でもサッカーはそんなことはありません。

母親が作ってくれた手作りのボール(石ころがボールがわりにもなる)さえあれば、裸足でもサッカーができます。それが僕がブラジルの〇〇という地域で見た子供たちのストリートサッカーです。

 

世界ではオリンピックよりも、『サッカーワールドカップ』こそが世界最大の祭典だってことがよーくわかりました。

 

【リスペクト】日本サッカー界が超大切にしている精神

RESPECT〜大切に思うこと〜

少年サッカーのルールをお話するまえに、あなたに知っておいてもらわなければならないことがあります。それは・・・

リスペクトの精神です!

フェアプレーの原点であるリスペクトの精神とは

「相手に思いやりをもつこと」

「相手を大切に思うこと」

「審判の判定を尊重すること」

『ルールを守ること』

・・・・・etc.

日本のサッカー界が最も大切にする精神です。お子さんやお孫さん、甥っ子姪っ子のサッカーを応援するときの大切な大切な少年サッカーのルールです。

自己肯定感
少年サッカーが子供の育成に及ぼす効果〜自己肯定感を高めよう!〜 自分のお子さんに対し、こんなふうに思ったことはありませんか? 僕は毎日めっちゃ思っていましたし、今も思い続けています。 ...

 

少年サッカーのルールの特徴

少年サッカーピッチピッチの大きさ:50m×68m(推奨)

(自分で作ったイメージ図ですので実際の比率とは異なります)

☆少年サッカーのルールの特徴を一覧表にしましたのでご覧ください。

(たぶん、文章でつらつら説明するより理解しやすいと思いますよ)

人数8人対8人(後で詳しく説明)
試合成立の人数両チームが同数となる6人以上
ピッチ安全なところ(天然芝、人工芝、土など)
ピッチの大きさ50m×68m(推奨)
ゴール2.15m×5m
ゴールエリアの大きさゴールポストの内側から4m
ペナルティーエリアの大きさゴールポストの内側から12m
交代ゾーンハーフウェーラインをはさんで6m
交代要員試合に出ていない競技者(GK以外は自由交代)
ボール4号球
用具ユニフォーム(競技規定で定めれば、ビブスも可)
審判主審・副審2人・第4審判(任意)か、主審・補助審判(必須)
試合時間15〜20分ハーフか、12分ピリオド×3回
3ピリオド制の場合1と2ピリオドは総入れ替え。3ピリオド目はメンバー自由
ハーフタイム10分間以内
キックオフ直接得点はダメ
退場後の措置退場者以外のメンバーを補充できる
グリーンカード指美しい心を伝えた子供に示すカード(後で詳しく説明)
延長戦5分ハーフ以内
PK方式3人ずつ。それ以降サドンデス

続いて8人制サッカーのお話に入りますよ〜!

 

8人制サッカーの導入

少年サッカー【8人制】日本の少年サッカーは8人制で行われます。
2011年より日本サッカー協会(JFA)は、育成年代であるU-12(12才以下)のサッカーをしている”すべての子供たち”が試合出場できるように、試合をとおして成長するために「8人制サッカー」を導入することに決めました。

この記事読んでくれているあなた(僕も含む)の子供時代とは大きく変化していますよね。

8人制サッカー

日ごろ一緒にボールを蹴っている仲間”全員”が試合に出場し、練習で培った技術や戦術をぶつける。試合で見つかった課題をまた毎日の練習の中で磨き続けることができます。

ピッチサイズも大人の半分くらいで選手交代も自由に何回でもできるので、1人ひとりのボールタッチの機会が増えるとともに、運動量も必然的に増えます。また、たくさんの局面で試合に絡むことで考える力がつきます。

8人制サッカーに関わる”すべて”の子供たち(もちろんあなたのお子さんも)が、サッカーを「楽しみ」、あなたのお子さん、チームメイト、指導者、審判員、お父さんお母さんみんなでサッカーをとおして「フェアプレー精神」を培っていくことができます。

JFAは、子供たち主体のこんなに素晴らしい競技規則や考え方を示してくれているんですよヽ(´▽`)/

ダメダメ指導者もいる

しかし・・・・・

いまだに育成年代では(でも)下に書いたようなダメダメ指導者がいることも知っておいてください。(もしかすると、あなたのお子さんのチーム選びに役立つかもしれません)

JFAが子供たち主体のこんなに素晴らしい競技規則や考え方を示しているにも関わらず、いわゆる指導者の「勝利至上主義」が散見されます。

なぜルールでキックオフの直接得点が認められていないのか?・・・

それは、身体的な成長が早熟な子供(身長、身体能力など)1人に任せてしまえば試合に勝利する確率はグンと上がります。

でもそれをやっちゃうと、「フェアプレー精神」や「1人ひとりのボールタッチの機会が増える」など、JFAが推奨する「リスペクト精神」など、子供の最も大切な成長・発達の機会を奪うことになります。

だから「そういうことはナシだよ」ってわかりやすくキックオフルールで伝えてくれているんです。

 

僕は「こういった指導者ってどこにでもいるから・・・」で、済ましたくないんですよね。(急に熱く語りだす)

だって、あなたのお子さんやチームメイトのお子さん1人ひとりの育成(看護師的に言えば心身の成長・発達)の責任をサッカー指導者として担ってるわけですから・・・

 

パピヨン10番パピヨン 10番 トップ下

8人制サッカーの様々なフォーメーションの種類や特徴については、8人制サッカーのフォーメーションの種類を犬の特徴で解説してみた!でおもしろおかしく解説しているんだワン!

犬フォーメーション
8人制サッカーのフォーメーションの種類を犬の特徴で解説してみた! ※記事内の画像が小さく感じる場合は「クリック(タップ)」してください。ページ移動なくポップアップ表示で拡大されますよ(^ ^...

 

グリーンカードってなんだ?

フェアプレーグリーンカード
家族リフティング
家族リフティング
イエローカードとかレッドカードは知ってるけれど、「グリーンーカード」ってなんですのん?

お答えするんだワン!←しつこい(笑)

大人のサッカーでは存在しない「グリーンカード」。育成年代の子供たちのために作られたとってもすばらしい制度と考え方です。

(勝利至上主義の指導者にもこの考え方が伝わればいいのになぁ〜)

グリーンカードの考え方と示し方

子供たちは「全力を尽くすこと」「フェアプレー」「仲間を大切に思うこと」「助け合い」「サッカーを楽しむ環境を与えてくれる人たちへの感謝」・・・たくさんのことをサッカーから自然に学びます。

グリーンカードが示される場面

ピッチ内外にかかわらず、リスペクト精神溢れる行動をした子供に対して『賞賛』や『感謝』の気持ちを込めて示されるカード、それが【グリーンカード】です。

具体的には上に書いたような

  • 「全力を尽くす行動」
  • 「フェアに戦っている姿」
  • 「お互い助け合う」
  • 「仲間を大切にした行動」
  • 「一生懸命に楽しい環境を作ろうとしている」
  • ・・・・・etc.

審判や指導者ができる限り客観的にみて、「これはグリーンカードに値する」と感じたときに「グリーンカード」を示します。

グリーンカードを示すときの注意点

  1. 「試合の流れを止めないこと」
  2. 「ポジティブな行動の意図を見極めること」
  3. 「躊躇(遠慮)せずに示すこと」
  4. 「本人にわかるように示すこと」
  5. 「声やジェスチャーのみをほめたたえてあげるのもよい」

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

本記事では『少年サッカーのルールから学ぶ育成年代でホントに大切なこと5つ!』についてのお話でした。

ホントに大切なこと5つ!
  1. リスペクト精神
  2. フェアプレー
  3. 全力を尽くすこと
  4. 仲間を大切にすること
  5. 助け合うこと

この5つです!

細かいルールはたくさんあるけれど、この5つの精神がなければ、あるいは5つの精神が育つ環境になければ、その他のルールなんて意味はありません。

 

あなたのお子さんやお孫さん、甥っ子や姪っ子のサッカーの応援に行くときは、『ホントに大切なこと5つ』ができてるかどうか見守ってあげてくださいね!

 

素敵な少年サッカーライフを過ごしてくださいね。

熱中症
【保存版!】少年サッカーの親に伝える脳震盪と熱中症の予防・対策。 今回は【保存版!】と自分で称するくらい保存版です! 本記事の内容はすべて自由に使っていただいてかま...
ちび
コーチへ。子供たちの月齢差による発育の違いを考えていますか? さっそくですがこの記事の結論を先に言うと、論文による科学的根拠を示しながら、『少年サッカーコーチのみなさんにはもっと真剣...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です