練習・スキルアップ

【1対1】同じ相手との連続かけひきドリブル突破ゲーム!

1対1ドリブル突破

 

少年サッカーを愛するみなさんこんにちは!

家族リフティングですヽ(´▽`)/

 

いきなり当たり前のお話ですが、サッカーって相手チームからゴールを奪って勝つことが目的のスポーツですよね!

そのためには試合中に何度もおとずれる、”1対1の個人戦”の局面に勝つ必要があります。

 

そこで今回は、ゴールデンエイジの子供たちが、”同じ相手に『頭のかけひき』でかわしてドリブル突破する”ことが出来るようになるためのお話を、練習法もまじえてお伝えします!

 

本記事が、少年サッカーコーチのみなさん、小学生の子供たちや親御さんに伝わるとともに、明日からの実践につながる一助になればうれしいですm(_ _)m

 

 

では、最後まで読んでみてくださいね!

 

 

同じ相手との1対1に勝とう!

サッカーは相手チームからゴールを奪って勝つことが目的ですよね!

そのためにチームで戦うわけだけど、試合中はあらゆる局面で「1対1の攻防」が繰り広げられます。

そして試合で1対1となる相手選手は、だいたい同じ相手になりますよね。

 

ゴールを奪うためには、この同じ相手との1対1に勝つ技術を身につけることが大切になります。

 

そのためには、「相手をかわす技術(フェイント)」と「相手との頭を使ったかけひき」が実際の試合ではとても重要になってきます。

 

ちなみに家族リフティングさんは、現代サッカーではあまり見当たらない

(守備をサボる笑)トップ下10番のゴリゴリドリブラーでした(笑)

 

同じ相手との頭を使ったかけひき戦

試合中に同じ相手との1対1で勝つ確率をあげるには、「自分の得意なフェイントで勝負する」ことはもちろんだけど、「頭を使ったかけひきで勝つこと」がとてもとても大切なんです。

 

いくら得意なフェイントでも、同じ相手に繰り返したらそりゃぁバレてボールを奪われちゃいますよね〜。

 

で、ここからが大切なんですが、それでも試合中同じ相手に勝って結果をだす選手っていますよね!

 

プロ選手ともなれば、相手チームや相手選手に「あの選手の得意なフェイントは〇〇だぞ」って研究しつくされてるのに、それでもかわしてドリブル突破出来ちゃう選手いますよね。

 

それはなぜか・・・?

 

相手選手はあなたの得意なフェイントがくるぞ〜って待ち構えてるのだから、相手の考えの逆をついて上手に頭のかけひきをするんです!

逆の逆をつくことだって、おおいにアリですよね!

 

そうやって、「相手選手との頭のかけひきに勝って、かわしてドリブル突破出来る選手が、1対1に勝てるいい選手になりますよね。

 

レベルの高い選手」の1つの条件は、

かけひき(だます)が上手い選手」です。

 

 

練習方法

1対1ドリブル突破

 

【1対1】連続かけひきドリブル突破ゲーム!

目的:相手との頭を使ったかけひきの大切さを学ぶ

目標:同じ相手をかけひきを使ってかわす

対象:ゴールデンエイジ

ルール:同じ相手を3回連続でかわして、ドリブルでライン突破したほうが勝ち!

同レベルの選手または少しレベルが上の選手と対戦する

 

※低学年なら「目の前の相手をかわすこと」を目標に。

かわす感覚(相手との距離感や自分のタイミングなど)や、自信をつけることにつながります。

 

大切なこと

練習メニューに入れるというよりは、練習前や練習の空き時間の5分程度で、子供たち同士で”頭をリラックス(遊び感覚)させながら真剣勝負する”という意識づけでやるほうがいいでしょう。

 

理由

1.「頭を使ったかけひき」は、コーチの指示や練習メニューというような決められた枠の中では柔軟な発想が浮かびにくい。

2.やってみたらわかりますが、”頭はやわらく、いい意味でどうしても勝負は真剣になっちゃう”のでだいぶ疲れます(笑)

 

同じ相手に”自分のクセ”を知られたところからが、この練習のかけひきの醍醐味であり、上達するためのポイントです!

いつでも簡単に出来るので反復練習しましょう!

鳥かご「4対2」
つい熱くなる基礎練習!『4対2の鳥かご』を考えながら楽しもう!! 少年サッカーからプロの世界でもよく行われる遊びや基礎練習のひとつに、『鳥かご(4対2や3対1)』がありますよね。...

まとめ:かけひきの醍醐味と楽しさを知ろう!

今回は『【1対1】連続かけひきドリブル突破ゲーム!』についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

ゴールデンエイジの子供たちは、『相手との頭を使ったかけひき ≒ 相手をだますいう醍醐味と楽しさ』を経験することがとても大切です。

 

この経験は「サッカーの楽しさの大きな要素」であり、生涯サッカーが楽しいと思える要素の1つといっても過言ではありません。

 

「楽しい」こそが上達への道!

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

親子で楽しく上達! 1対1の練習法と目的をわかりやすく解説!!※画像はMacのパソコンで作成しています。 もし不具合などありましたら、コメントやお問い合わせページより遠慮なくご指摘ください。可能な...

POSTED COMMENT

  1. […] 【1対1】同じ相手との連続かけひきドリブル突破ゲーム!も合わせてどうぞ! […]

  2. […] 子供の成長と、練習の中での勝ち負けから自然に競争心(悔しさ)を芽生えさせることができる練習メニューの1つとして、【1対1】同じ相手との連続かけひきドリブル突破ゲーム!はとても良いメニューです! […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です